管理ページの機能は付いてるの?

管理ページは運用に不可欠

web制作会社に依頼して完成したwebページはデザイン性に優れ、その時点では満足できるものかもしれません。しかし、運用開始すると、発信したい情報の変更や多少のデザイン変更が必ず発生します。その度にweb制作会社に修正依頼をして、時間とコストがかかるのは問題視すべきです。軽微な修正であれば、自社で変更できるよう管理ページの機能が付いているのが一般的です。管理ページが含まれていることもあれば、オプション扱いになっていることもあるので注意が必要です。管理ページではwebに関する専門知識がなくても、文言やデザインを簡単に変更できるようになっています。コンテンツマネジメントシステムと呼ばれるもので、管理ができるようになっていることも多いです。

管理ページの使いやすさをチェック

管理ページがついていても、使いにくいものであれば運用負荷が増えてしまいます。web制作会社に依頼する際、トップページなどのメインコンテンツのデザイン性に目がいきがちですが、管理ページの使いやすさにも注視する必要があります。いろいろな変更に対応できるような管理ページはどうしても複雑になってしまいます。多くの機能提供されていることは良いことですが、意外と使わない機能も多いものです。運用開始後の変更内容を洗い出し、それが問題なく変更できるか、そのための必要最低限の機能になっているかがポイントと言えます。また、ミスが発生しにくい構成になっていることも大切です。誤った情報発信により、企業イメージを大きく損なうことも十分に考えられます。