様々なデバイスに対応してくれる?

スマホに対応するのは必須条件

ホームページを作るときには、パソコンやスマートフォン、タブレットなど様々なデバイスに対応するページを作るのが必須です。もちろん内容によっては、基本的にはパソコンからしかアクセスしないケースもあるでしょうが、多くの場合、外出先からのチェックなど、スマホに対応したホームページであることは絶対必要条件といえる時代になってきています。あるデータでは、アクセスの半分以上がスマホであったため、スマホに適正ホームページにしたところ、コンバージョンが数倍にもなったというケースがありました。そうしたことを考えても、パソコンのみに対応したホームページしか準備しないというのが、現在ニーズにはあってないことといえるのではないでしょうか?

特に画像や図表に注意

通常のテキストであれば、そのままのモニターのサイズで、スマホでもパソコンやタブレットでも負担なく見ることができます。しかしながら、画像や図表の場合には、全体的に表示が小さくなってしまうために、図の中に含まれているテキスト(文字)もそのまま単純に小さくなってしまうのです。すると、ユーザーはそこに何が書いてあるかを見ることができません。デバイス対応のオプションをつけるかどうかの前に、ホームページに図表や画像を使う場合には、注意が必要であるということです。デザインは美しいに越したことはありませんが、凝りすぎる実用的でないということも知っておくとよいでしょう。テキスト内容とデザインは分けて考えるべきとも言えます。